100317_kotonoha.jpg
DS_sasa_b_20111026.jpg
banner_vanilla01.jpg

2005年08月27日

9/20発売の

まんがタイムきららMAXさんで
「ちかちかプラネッツ」を再開させていただく予定です。
芳文社さんのサイトに告知が載ったので、こちらでも。
この号から定価がぐっと下がって、発売日が変わるようですね。

門井先生の表紙はいつも可愛いな〜
posted by sasaryou at 15:46| 東京 ☁ | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

デジタル原稿作成その他

先日、編集さんに『佐々木さんのデジタル原稿って手描きっぽいので、ある担当作家さんにその描き方を教えてあげて下さい』とお声がかかりました。うひゃー光栄です。でも体調的にお会いできない可能性があるので今のうちにここに書いてしまえ。

私はお仕事ではデジタルで漫画原稿を仕上げています。使っているソフトはフォトショップとパワートーンといいます。パワートーン以外にも普通のスクリーントーンをスキャナで取り込んで貼ったりもします。LANでつながったメインマシンとアシスタントさん用のiMacの2台で作業しています。ソフトはそれぞれのマシンに一つずつ必要です。

おうちに帰る途中で色々考えたのですが、手描きっぽく見える秘訣があるとしたらたぶん、トーンの貼り方とかを手描き時代からそのまま持ってきてるせいかなと思いました。
トーン番号はアレですよ。肌カゲが51番(50/10%)、削りボカシはカケアミの形にフォトショップのブラシをカスタマイズしてそれを消しゴムとして使うとか、多分それだけですよ。うん。以下に細かく流れを書いてみます。

アナログで、背景も書き文字もキャラも一枚の原稿用紙に描いてしまいます。別紙に書いて合成しちゃう作家さんも多いようですが、私はそうしないのに慣れてしまったのでしません。別紙のプロットと絵コンテが編集部に通ったら、えんぴつで漫画用の原稿用紙にせりふとこま割りと下書きをします。それが出来たらアシスタントさんを呼びます。作業は毎日、だいたい午後から終電前近くまでです。夜にてんやものを一食取って、お茶とお茶菓子をご用意します。基本日帰りです。お礼は交通費込みで一日5〜10kです。私の場合は正直単行本が出ないとペイしない大きな出費ですが、ラクをして原稿を上げるための有意義な出費です。

アシスタントさんを呼びはじめてからの仕上げ作業は、24ページがほぼ一週間で終わります。
鉛筆で軽く下書きだけ取って、背景をアシスタントさんに描いていただくことも多いです。(背景描きだけ集中してお願いすると私のとこの場合では1〜2日かかります)
ペン入れ&消しゴムかけまでは全てアナログでやります。
わく線とフキダシのペン入れはアシスタントさんにやってもらっています。(これも全ページまとめて集中してやっていただくと私のとこでは一日弱かかります)

600dpiで線画取り込みしたら、アニメの色設定みたいに髪の毛とか服とかの決まりトーンをデジタル仕上げアシスタントさんに貼ってもらいます。これは私がキャラ絵を入れていくのと同時進行です。決まりトーンを貼っていただいているうちに、スキャニング終了した線画原稿に青鉛筆でカゲの指定と他のトーンの指定を入れていきます。ハイライトは赤ペンで指定します。それを渡して目で見て貼っていただくか、ややこしい指定のときはカラーで取り込んだ指定用紙をデジタルでトレスして仕上げて貰ったりもします。

レイヤーを統合して2値化して別名保存で完成原稿です。1日3〜6枚といったところです。
以上あくまで私個人の場合です。もっと丁寧な人ももっとスピーディな人もいらっしゃると思いますので絶対参考にならないだろうな〜と思いつつ、一旦この辺りで失礼いたします。

一気に書いたのでいろいろお見苦しいとは思いますが、ではまたっ。
posted by sasaryou at 13:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

プレゼント色紙

次号コミックGUMは創刊8周年記念号だそうです。
『プレゼント用色紙を描かないか』
『すごく…色紙の包装紙が破れやすかったんで別ので包んでおきました』
こんな感じのを描きました(減色してあります)
drsikisi02

ダークローダーズ13話ももちろん掲載予定ですので、
どうぞよろしくお願いします。
posted by sasaryou at 20:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月22日

夏のイベント用

会場限定頒布品っていうのかな。
イベントも無事終了されたようで、著者用サンプルを届けていただけました。ありがとうございますー。

ちょっとずつではありますが、今年は2箇所参加させていただきました。ワニさんの『コミックガム・夏の温泉ムード』という小冊子と、
エンターブレインさんとアクアプラスさん合同の『ToHeart2クリエイターズファイル』です。
東鳩2本なんて描き手の並びが50音順なので、桜玉吉先生と隣合わせですよ。恐れ多いですったら!(しあわせのかたちファン)

企業出展ブースって、そういえば行ったことがありませんでした。
どちらも豪華だなー力入ってるなー、としばし感心。
最近のイベントはすごいなぁ。
posted by sasaryou at 11:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする